10/31 天皇賞秋など。

どうも、さーどすてーじです。

土曜のアルテミスSでは、本命サークルオブライフが1着、相手のベルクレスタは2着と好走してくれました。
この勢いで天皇賞秋もとってしまいたいところ✨

それではまいりましょー!

良ければクリックいただけると嬉しいです

※的中を保証するものではございません。馬券は自己責任でお願い致します。

東京11R 天皇賞秋 芝2000m

まず、ここで考えたのは3強(コントレイル、グランアレグリア、エフフォーリア)の力関係です。
3頭の短評を書き記しておきます。

・コントレイル

昨年3冠馬。本年は大阪杯(重馬場)を使い、馬のダメージを考慮し、宝塚記念は回避。天皇賞秋、ジャパンカップを使って引退予定。

血統的にはマイル前後がベスト。
ディープインパクト×Unbridled’s Songでダノンプラチナ(朝日杯FS、富士S)、レッドベルオーブ(デイリー杯2歳S)。
ディープインパクト×Tiz Nowでアルジャンナ=コマンドライン(東スポ杯2歳S)。

個人的見解では、3冠は素質の高さが一番の要因だと考えている。
4歳馬の昨年、本年の古馬戦を以てしても、レベルが高いとは言えず、3冠を分け合った本年よりかは3冠を達成できた状況にはあったであろう。

個人的には古馬戦ではマイルで見たかった1頭で、前走の大阪内回り重馬場よりも展開は向くものの、馬場も渋りそうなら、3強の中では一番危ない存在だと感じている。

・グランアレグリア

昨年最優秀短距離馬。

昨年までは1200,1600のみしか使ったことはなかったが、前走で初の中距離。
本馬は良馬場、外回りを主戦場とし、前走の凡走で距離適性を図ることは不可能であると考える。短距離~マイルを主戦場としてきた本馬にとって、2ターンの中距離はややしんどいイメージで、同じ距離でもワンターンの東京2000m変わりはプラス材料。

コントレイルの存在、前走で人気を落とすようなら3強の中で一番買いたい存在。

・エフフォーリア

本年皐月賞優勝馬。

エピファネイア×ハーツクライ×ケイティーズファーストなので、東京芝中距離が本線で、多少馬場が渋っても問題なさそうな血統構成。
東京優駿を見ると、終いの足が甘くなってしまう印象だが、3強の中では一番成長が見込める存在で嫌いにくい1頭。

重まで行くなら、3強の中なら一番買いたいが、稍重程度では、グランアレグリアを上に取りたい。

といったように、3強は良馬場がベストの馬である。
当日の天候は不安定であり、雨で3頭ともコンディションを落とすことを考えると、雨が降る前提で穴サイドから攻めてみたい。

8 サンレイポケット

ジャングルポケット×ワイルドラッシュ。
OPに上がってからの成績を見ると、
好走⇒東京1800m,2000m,新潟2000m
凡走⇒中京2000m,2200m,東京2500m
これらのコースの違いを挙げてみると、坂の数。坂2回上るコースでは凡走しており、昨年、本年の毎日王冠を比較すると、馬場は渋った方がいいタイプ。
メンバーレベル差はありながらも、良馬場の東京,新潟2000mを好走、良馬場の東京1800mを凡走していることを考えると、1800mは少し忙しいように感じる。
100倍弱つくオッズなら狙ってみたい。

相手 ⇒ 9,5,4

新馬予想

東京4R ダート1400m

10 ペイシャエス

エスポワールシチー×ワイルドラッシュ。
母Sadler`s Wells内包のエスポワールシチー産駒はショーム、マリオなど活躍馬が多く誕生している配合。また、Robertクロス、Storm Cat≒Nijinskyを持ってることからも配合面では面白い存在。
Icecapade内包で新馬戦から走れても。

阪神4R 芝1400m(内)

6 トリップトゥムーン

アドマイヤムーン×ネオユニヴァース。
SS,Kris,Mr Prospecter,Nothern Dancer,Ribotが脈絡して、父母相似配合。
明確な濃いインブリードなので、気性の悪さは出しそうだが、人気サイドも特注できる馬がいない中、人気薄のこの1頭を推したい。

東京5R 芝1800m

1 エリーリング

キズナ×メイショウドトウ。
Alzao≒Last Tycoonでキレを増幅する配合。
もう少し距離が伸びてもよさそうな配合ではあるが、最内を引けたのはプラス。一発あっても。

コメント

タイトルとURLをコピーしました