10/30 アルテミスSなど。

どうも、さーどすてーじです(^^)/

土曜日は、アルテミスS,スワンSの2重賞が行われます。

今回の記事はアルテミスSのみの記載となっております。

それでは早速行きましょう!

良ければクリックいただけると嬉しいです

※的中を保証するものではございません。馬券は自己責任でお願い致します。

東京11R アルテミスS 東京芝1600m(牝)

アルテミスの血統分析(有力馬3頭、人気サイドのネガティブ要素)をあばた氏のnoteにて行わせていただきました。
自分の血統分析と共に、あばたさんの走法、調教面からの分析が記載されております。
あばたさんの走法は、難しいファクターではあるものの、非常に面白いファクターになっております。
是非以下のリンクからご覧ください。
もちろん、本サイトでも見解は記載しますので、よろしくお願いいたします。

それでは見解に移ろうと思います。

◎スクールオブライフ

ビリーヴやサウンドキアラなどを生み出した牝系で、牝馬は特に短距離志向に出やすく、本馬のそのうちの1頭。前走の距離短縮も大きく牝系によるもので、Halo感が強く、スピード持続力勝負は強そう。マルゼンスキー≒Caerleon 4×4・5で気難しい面が出そうではあるが、今のところ、前走出遅れほど。仕上がりが早そうな血統構成で重賞でも1発あっても。

相手

ベルクレスタ

ドゥラメンテ×Numerous。Kalamoun持ちのドゥラメンテ産駒で、トニービンを増幅させる配合なので、成長曲線が遅めに出やすい配合。
実際にカタリーナ(5戦目勝ち上がり),ネグローニ(5戦目勝ち上がり)など、勝ち上がりに時間を要している馬が多い。その反面、本馬は初戦から善戦しているところを見ると、潜在能力はメンバーで一番高そう。 母父が大箱向きではなく、持続戦が一番向きそうだが、姉アドマイヤリードを見ても東京でキレてもよさそうな血統。

ロムネヤ

ディープインパクト×All American。All Americanはオーストラリアで1200-1600で活躍した馬で、母ヤンキーローズは1600-2000で活躍した馬。スピードの乗りやすい牝馬でマイル寄りに出やすそう。2代母父Xaarで東京で控えて切れても良さそう。

以下人気馬の一言コメントです。

フォラブリューテ

Sir Gaylord持ちのエピファネイア産駒。Sir Gaylordはディープインパクトのキレの源でもあり、瞬発力にたけた血統だが、その反面非力に出やすいことが多い。坂のある東京変わりは決して歓迎条件ではない。

ミント

エピファネイア×ルーラーシップ。母系にはパワー、スタミナに優れた血が並ぶ。エピファネイアの非力さを補う配合で、母はダイナカール≒マツクホープでルーラーシップとマッチザピースで大箱中距離が向く配合。追走を見てもスムーズとは言えず、距離が伸びた方がいいタイプ。マイルなら渋った方がよさそうで、パンパンの良馬場でキレ負けしそうなのが懸念点。

コメント

タイトルとURLをコピーしました