2021/10/24 菊花賞など。

どうも、さーどすてーじ。です。

本日は、菊花賞。1,2冠目をとった2頭が不在の1戦荒れそうな予感。非常に楽しみです。

良ければクリックいただけると嬉しいです

※的中を保証するものではございません。馬券は自己責任でお願い致します。

菊花賞

見解

皐月賞勝ち馬エフフォーリア、日本ダービー勝ち馬シャフリヤールが不在の菊花賞。
1番人気は2冠ともに3着のステラヴェローチェ
2番人気が前走神戸新聞杯2着のレッドジェネシス
3番人気が2歳時ホープフルS2着のオーソクレース

例年とは違う開催で、今年は阪神3000mでの開催。
それ故、例年の傾向は使えず、今まで3000mを経験したことがない3歳馬にとっては、2回登坂する阪神3000mはタフな条件。例年以上に能力差が出やすそうな舞台でもあるといえます。
タフである故、ロスなくコースを立ち回ることが必要で、外枠は少し割り引きたい。

人気サイドのステラヴェローチェとオーソクレースは外枠。
・ステラヴェローチェ

不良馬場の重賞2勝。前走も、タフな馬場な中、後ろからの直一気での差し切りは内容としては、強い。しかし、皐月賞、日本ダービーと共に、インラチ沿いをうまく立ち回っての3着。

バゴ×ディープインパクトで、Busted,Highlight(Hyperion 3×2)を増幅した配合で成長力、タフな条件の持続力には優れる。それ故、不良馬場で勝ち切っているのは、納得がいく。
2代母オールザウェイベイビーでNasrullah + Princequilloが増幅されてはいるものの、やはりパンパンの良馬場ではキレ負けするタイプで、共同通信杯にはいい例。

基本線、後方からの馬で近2走は大箱で足が使えてはいるが、阪神内回りでは皐月賞と似たような競馬が限界だと考えており、自力でも上位にはランクインするが、届かない展開を考えると、評価は下げたい。

・オーソクレース

エピネファイア×ディープインパクト。
去年のアリストテレスと似た配合(エピファ×ディープ×Sadler’s Wells)で中距離配合。近親には、クリソベリル、ダンビュライトがいる。

多頭数、外枠のエピファ産駒なので、歓迎条件。
ホープフルSも中山のイン前残りのレースで高い評価は与えられず、前走のセントライト記念も前がしんどくなったレースで3~6着はほぼ4角の位置取り次第であり休み明けで好走したにしろ、ベターなレースではなかった。
血統的にも、大箱がベターで内回りをほぼ2周するこのレースでロス立ち回れるかが、鍵になる。
鞍上、実績的に人気するようであれば、馬券妙味を考えて、外したい1頭ではある。

そして、人気どころのもう1頭はレッドジェネシス
・レッドジェネシス

ディープインパクト×Storm Cat。
父、母父だけを見ると、芝マイル~中距離で切れるのが本質のように思う。
しかし、京都新聞杯、神戸新聞杯ともに、原因は違うもタフなレースできっちりと差し込んできて、好走。と考えると、2代母父のSadler’s Wellsが濃く出ている。また、3代母Zummeruddがスティルハートと3/4同血でしっかりとタフな条件でもスピードを発揮できている面も理解できる。

ただ、新馬戦でも内回りでラーゴムに4馬身ほど話されているように、基本的には大箱がベターであり、良馬場で長く足を使う展開になった際の持続力には疑問は残る。

というように上位陣が不安要素もそこそこに持ち合わせ、軸としては不安定な状態。
あえてここは妙味のあるところを本命に推したい。

ロードトゥフェイム

マツリダゴッホ×ホワイトマズル。
母父ホワイトマズルはアサクサキングス(菊花賞、阪神大賞典)、イングランディーレ(天皇賞春、ダイヤモンドS)など多くのステイヤーを多く生み出した種牡馬。
また、2代母マルゼンスキーもホリスキー、レオダーバンなどの菊花賞馬を出し、母系に入ってもライスシャワー、メイジロブライト、スペシャルウィークなど天皇賞春、菊花賞でも結果を出し続けた種牡馬であり、上記に挙げた2頭とも短距離馬も多く出しているものの、本馬が中山2500mで好走できたのは、この2頭のスタミナ要素が濃く出ている。
また、マツリダゴッホ×ホワイトマズルは、シェーンクラートやトーコーブリザードなどが障害で芽を出しているように、長距離適性においてはプラスに転じる。

6走前、5走前ともに、中山で3~4コーナーで終始外を回し続け、ラスト3Fで36秒台前半を記録。
着差以上に強さが目立つ内容であった。
4走前、スプリングS。スタートで立ち遅れ、最終コーナーでは外々を回し続け、勝ち馬と0.8差の8着。内があれていたとはいえ、ラチ沿いを走り続けたワールドリバイバルと0.1差は評価したい。
3走前、ラジオNIKKEI賞。ここでもスタートで立ち遅れ、道中なかなか追走ができず、終始加速し続け、最終コーナーも外。このレースは度外視可能。
2走前、内があれており、4コーナーでイン前、足をためて最軽量で外から差し込んできた馬で決着を見ても、インの中団でレースを進めたこの馬は出番がなかったように思う。
前走、初めて綺麗なインラチ沿いをためて、4コーナーで抜け出して1着。4コーナーで少し前にいた分、最後足が鈍りベスビアナイトに詰め寄られたが、何とか同着。
有馬記念が施行される中山2500mの2勝クラスを長い脚で勝ち切ったのは、評価したい。
というように、ほとんどの条件でロスを受けながらも、2勝クラスまで勝ち上がってきたタフさは出走馬の中でも上位クラス。
ゲートが苦手ではあるが、距離延長で追走も含め、ごまかせそうな舞台。
斤量増、相手強化だが、60倍前後の人気ならぜひ狙ってみたい1頭。

相手→15,14,10,9,3,12,5,17

平場予想

阪神3R 2歳・未勝利 芝1400m(内)

2 フェノメーヌ

フェノーメノ×アドマイヤムーン。
フェノーメノ産駒は芝でのスピード不足に陥りやすく、芝も走れる短距離ダート種牡馬、Danzig持ちなどが芝で好走している場合が多く、本馬も芝適性に優れたアドマイヤムーンに2代母がスターリングローズの全姉妹。芝でもスピードが持ちそうな血統構成。
前走は、差し決着の中、逃げ残り、勝ち馬と0.6差の5着。土曜は外回りもイン前が使えていたことを考えると、ここは一発あっても。

東京4R 2歳・新馬 ダート1400m

2 エヴリーサンクス

パイロ×フレンチデピュティ。
母系にNothern Dancerを3本持ち、Icecapadeを増幅させるような配合。
パイロ産駒の新馬戦成績はIcecapadeに起因していることから、これを増幅するような配合はプラスであり、1勝クラス馬と一杯ながらも併入できているのは好印象。
頭まであっても。

阪神4R 2歳・新馬 芝1600m(外)

6 レアレア

エピネファイア×ディープインパクト。
エピネファイア×ディープインパクト×Sadler’s Wellsで、アリストテレス、オーソクレース、ムジカに血統構成が相似。配合的には中距離向け配合ではあるが、Lyphardの血が濃く、マイルでも長く足を使える阪神外回りなら。マルゼンスキー≒Caerleonの気の悪さが出なければ、頭まであっても。

阪神5R 2歳・新馬 芝1800m(外)

2 インパクトベースン

ディープブリランテ×Cozzene。
母ガヴィオラは、Nasrullah,Princequillo,Sir Gaylordなどで父CozzeneとLady Ann’s Keyが相似構成。ディープブリランテのRivermanを増幅させた配合で、外回りは向きそう。イン前有利の阪神で内枠をとれたのは大きい。

新潟5R 2歳・新馬 ダート1200m

1 ハッピースワーニ

アジアエクスプレス×ネオユニヴァース。
Deputy Ministerを持ったアジアエクスプレス産駒は、重不良に絞ると、(3-0-1-4)勝率37.5%複勝率50%と優秀な数字。3代母カタリストは欧州のマイル路線で好走していたSecond Empireと同血。ゆえに、2代母、母ともにダート短距離での活躍がみられるのも納得がいく。
渋った馬場で前が止まらなさそうになりそうで、芝スタートも渋った馬場なら外まで外枠が有利にならず。すんなりハナを取れたら十分頭まであっても。

コメント

タイトルとURLをコピーしました