去年の大雪覇者か、新参者か。

レース予想

こんばんわ。

早くてもう3月半ば ….。1年なんてすぐなんだろうな。
気づいたら、有馬記念の予想してそうですね。
最近は、色々な方から色々な見方・知識を得られて非常に充実しております。

さて、今週は3重賞。とりあえず、土曜日の中山牝馬から仕留めていきたい。
がんばりまそー!

良ければクリックいただけると嬉しいです

GⅢ 中山牝馬 芝1800m

◎15 サトノダムゼル

2走前は、3番手を追走しながらも上り3F上位を記録するなど、Lyphardクロスにより、ディープインパクトの切れるイメージよりも、持続力に優れた馬。渋った馬場の成績も悪くない。母方がドイツ血統で、Hyperionが6本含まれており、Hyperionの持つスタミナ・持続力で渋った馬場は歓迎。先週から続く、前残り傾向に加えて、重い馬場となると、ここは頭も十分。

〇11 ロザムール

先週から続く前残り傾向はこの馬にとって、最高の条件。この馬の逃げ粘りは、母父CaerleonでNijinskyから来ており、また、CaerleonやMill Reefを通じたPrincequilloのスタミナも、この馬の脚質をサポートしている。トップスピードでは負けるこの馬が、前残り傾向の馬場に加えて、馬場が渋るとなると、プラスに転じると考える。

▲7 フェアリーポルカ

昨年の中山牝馬1着馬。去年も大雪、重馬場の開催で、今年も馬場が渋りそうなら抑える必要はあると考える。Nureyevやトニービン的な持続力を持ち合わせており、逃げ馬がつぶれるなら、頭まであるが、ダムゼル・ロザムールといった前の馬が残る展開とみて、抑えまで。

☆1,4,5,6,9

馬場だけが気がかりですが、明日も頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました