1/30.31 血統傾向

レース回顧
スポンサーリンク

どうも、さーどすてーじ。です。

東京今年初開催で見ていて楽しかったですね。

東京、特に日曜日に関しては血統傾向がかなり出ています。

良ければクリックいただけると嬉しいです

東京競馬場

脚質傾向

土曜開催

先行押切が軸に、メインは差し決着。4角4番手以内が5戦中4勝
最後方からは全く届かず、4角10番手以下は24頭中、2着1頭 4着2頭。

日曜開催

最後方から届かないのは、土曜と同様であったが、中団からの差し決着が多い。

前有利 ➜ 中団有利

血統傾向

土曜開催

ディープインパクト(1-0-1-4)
キズナ(1-0-0-1)
ロードカナロア(1-0-0-3)
ルーラーシップ(1-0-1-2)
・ハービンジャー(1-0-0-0)

主流血統が上位を占める、日本特有の血統バイアス
日曜開催

ディープインパクト(5-0-0-4)
ルーラーシップ(0-2-0-0)
ロードカナロア(0-1-0-3)

ディープインパクト産駒が全勝

勝ったディープインパクト産駒の母父に目を向けて、配合チェック。

  • ルナシオン:Unbridled’s Song(米)
  • ディープ × In Reality パワー増強ニックス(主に牡馬)
    牡馬の方が打率は高いが、グランアレグリアやサウンドキアラなど牝馬も活躍。

  • グレートマジシャン:Sholokhov(欧)
  • 母ナイトマジックはSadler`s WellsとMonsunの欧州スタミナ寄り。
    全兄のブラックマジックはそのスタミナを生かしたOP馬。
    しかし、全兄のフォイヤーヴェルクや全姉のアルミナーレは、キレを持ち合わせた馬。
    これは、母父Sholokhovの母父父Sir Gaylordがクロスを形成しており、
    柔らかい血が受け継がれている。
    グレートマジシャンに関しては、どちらかというと、後者に感じる。

  • クロンターフ:Oratorio(欧)
  • 母父Oratorioは、父がパワータイプのDanehillの母父はAureoleの直系。
    Aureole持ちは、馬群を嫌う傾向にあり、1,2走前は内枠で今回は大外。
    クロンターフは、外枠での好走タイプなのかもしれない。

  • テルツェット:Danehill Dancer(欧)
  • ディープ × Nureyev × Sharpen Up パワー増強牝馬限定ニックス。
    デニムアンドルビー、アンビシャスなど。
    上の2頭とも、若駒から仕上がっており、この馬も間隔をあけつつも、馬体はしっかりとしている。

  • エクランドール:Green Tune(欧)
  • フィエールマンの全弟。

といった、どちらか重めの配合に寄せた馬が勝利。

パワーに寄せたディープインパクト産駒は要CHECK

推奨結果

東京芝

☆土曜日
第5R
〇トゥーフェイス 2着

東京ダート

☆土曜日
第4R
◎ゲンパチフォルツァ 3着
〇アナンシエーション 2着

コメント

タイトルとURLをコピーしました